少しのメリットで魂がほっこり満たんになるものです

少ない子供が2やついると毎日世帯を成し遂げるだけで疲れきって仕舞う。
とうに夕刻の5時間が眠さの極点。
しかし5時間からが忙しさの極点・・・
亭主も帰省年月が遅いのでご飯の調整やらお湯船やら片づけやら、やることがわんさか。
前日は寝不足もあってこれからキツくてキツくて(泣)。
しかし身がやらねば誰があげる、と重い身体を駆使しいよいよご飯とお湯船まで終えた。
そこで亭主が帰省。甚だお疲弊の姿勢。毎日ご苦労さま〜。
ラッキーあすが幼稚園も割り当てもお休日だったので、片づけはあしたでいいかと憧れ、亭主にはゴメンナサイがもっぱら子供たちと寝ることに。
まぁ明日の朝方が面倒くさいんだけどね、スタミナのリミットでした・・・。
そしてきょう、朝方起きて「ふむふむそんなふうにだった。片づけしなきゃなー」とはじめ床に降りキッチンへ通うと・・・
食器洗い・・・して残る!
ホールの加工も・・・してある!
亭主も疲れているだろうに、みんな綺麗にやってくれていたのである。
とうに、朝から感嘆。わめきそうなくらい気迫。(涙は出なかったけどね。笑)
少しの厚意でこんなにきめ細かい気持ちになれるんだな、とふたたび感じた。
と一気に私も亭主に優しくしてあげよう(笑)
今日は美味しいご飯を作って待っていようと想う。出会系アプリ