噂では聞いていましたが、リアルタイムでは初めて見ました。

私はまだ30代ですが、いつからか大相撲を見るのが好きになり場所中はほぼ毎日テレビ中継を見ています。たまにバラエティなどで相撲好きの芸能人たちが集まってエピソードトークを繰り広げていますが、好取組の話や相撲の珍事などが披露されています。その時、力士同士が組み合っている時に結び目ほどけそうになったら行司さんが「待った!」と声を掛けてそのままの体勢で待たせ、行司さんが結び目を結び直すという話が出てきたのです。実際にそのようなシーンをVTR映像で見たことがあり、そんなことがあるんだと思いながら見ていました。
でも、先日そのシーンを初めてリアルタイムで見たのです。2018年初場所の9日目、幕内の石浦関と大栄翔関が取り組みを始めてしばらくすると結び目がほどけそうになり行事が「待った!」を掛け、大栄翔関の結び目を締め直したのです。ついでに石浦関の方も締め直し取り組みが再開。珍しいシーンが見ることができて相撲ファンとしては嬉しかったです。